カートの中身を見る

もっとおいしくなる簡単レシピ

牡蠣のクリームシチュー

普段ご自宅で使っているクリームシチューに牡蠣を入れると、牡蠣の下ゆでなど手間がかかって面倒ですよね。

「牡蠣の潮煮」を使えば、簡単に本格的な牡蠣シチューができます。

レシピをもっとくわしく

酸辣スープのワカメ水餃子

磯の風味を包み込んだ餃子のをピリ辛の中華スープで堪能この料理も、大きな鍋で作って家族や親しい人たちと囲みながら味わいたい一品です。
肝心となるのは、酸辣スープ。
野菜や豚ひき肉から旨みを引き出しながら、胡椒・酢・ラー油の配分で自分好みの味わいに仕上げてみてください。
わかめ餃子は、二ラを使うのと違ってサッパリとした昧わいが特徴。
スープの酸味や辛みは、餃子のおいしさを引き立ててくれます。

レシピをもっとくわしく

石巻絆おでんと四川名物「油騰」のコラボレーション

絆の温もりを感じられるアツアツの石巻おでん多くの支援に感謝し、その時結ぼれた“絆を大切にしたいという思いからこの商品名に。
震災時の教訓を活かして常温保存ができるようにしたのも特徴です。
その思いに料理人が応え、体の芯から温まる中華風おでんのレシピを完成させました。
熱した油を注いだ瞬間、具材や薬味の香りが際立ちます。
豆もやしのシャキシャキとした歯ざわりもたまりません。

レシピをもっとくわしく

食べるサバ味噌ラー油

一大ブームを起こした“食べるラー油を発展させ、さらに食べ応えを追友したのがこの
「サバ昧噌ラー油」。
サバのほぐし身がたっぷりと使われているので、白いごはんはもちろん、冷奴の薬味や軍艦巻きのトッピングなど、多彩な場面で大活躍するはずです。

レシピをもっとくわしく

ハーフシェルオイスターのオイスターソース熱々油掛け

大粒の牡蠣に、熱したアツアツの油をかけて素材そのものの風味を苦情出す四川料理の手法。
さらにオイスターソースをベースにした特製ソースで、濃厚な味わいを演出します。
殻付きなので、手に取って楽しむ気軽なスタイルでどうぞ。
パーティメニューに加えれば、みんなの話題を集めること間違いない油をかける調理を目の前で披露すれば、より盛り上がるはずです。

レシピをもっとくわしく

みなと石巻名物うにぎり海苔巻き天茶漬け

ウニ料理で知られる老舗「友福丸」の味を手軽に楽しめる“うにぎり“を使って、心がほっとする一杯を。
うにぎりの天ぷらは、出汁に軽くまぶして俵型をそのまま頬張るも良し、崩してサラサラと掻き込むも良し。
ぶぶあられ代わりの柿の種も、意外性があって楽しめます。
食べ進めるごとにウニの旨みや磯の風味が高まり、鼻に通る香りもおいしいお茶漬けです。

レシピをもっとくわしく

煮焼きあなご若芽おろし

急なお客様を、おいしい料理でもてなしたい時にピッタリの時短レシピ。
ふっくらと身の肥えたあなごは、ドレッシングの酸味と大根おろしでサッパリと味わうことができます。
一緒に混ぜたきざみワカメの歯ざわりも、良いアクセントに。
煮穴子の濃厚なタレが出汁に溶け、豊かな風昧を生み出しているのも特徴です。
とっておきの美酒があれば、ぜひともに添えて。

レシピをもっとくわしく

石巻風鯨大和煮とねじり磯麩の治部煮

金沢の伝統料理「治部煮」をベースに、鴨肉を鯨肉、すだれ麩をねじり磯麩に変え、まさに“石巻風というべき新たなスタイルの料理に仕立てました。
缶詰の鯨肉ながら、しっかりとした身と味わいは鴨肉に劣ることなく、ねじり磯麩からほんのり漂う磯の風味もたまりません。
大和煮の汁を使うことで、豊かなコクが生まれ、満足度の高い味わいとなります。

レシピをもっとくわしく

メロのクラッカー揚げたらこあん掛け

脂のりの良い白身の魚「メ口」の西京漬けに、一手間加えて食卓の華に。
砕いたクラッカーの衣は心地よい歯ざわりを生みだし、とろみをつけたダシの餡にからんでさらにおいしさアップ。
つぶつぶたらこの豊かな風味もほんのりと香ります。
魚自体「しっかりと昧が染みわたっているので、下ごしらえが不要なのが便利。酒の肴としても喜ばれる和の逸品です。

レシピをもっとくわしく

牡蠣の潮煮と小松菜の和風スパゲティ

三陸名産の牡蠣の旨みとともにダシの香りと味噌のコクをプラス
たっぷりと牡蠣の具がのった和風スパゲティはいかが。旨みを凝縮した牡蠣の潮煮に薄力粉をまぶし、オリーブオイルでこんがりとムニエルに。
表面を香ばしく仕上げ、牡蠣本来のおいしさを閉じ込めます。スパゲティの味の決め手は和風ダシ。
さらに、鰹節と高砂長寿味噌で作った「ひとつ」ふりかけをアクセントにすれば、より豊かな味わいを演出できます。

レシピをもっとくわしく

海鮮ぶっかけ丼のタコと雑穀のサラダ

戸棚の奥に食べきれなかった雑穀があったら、ぜひ試して欲しいレシピ。
生バジルの清々しい香りは、三陸の海の幸と相性バッチリです。
雑穀がその豊かな旨みをすべて含み、歯ざわり良いライスサラダとして味わうことができます。
すでに、三陸ぶっかけ丼の具にしっかりと味付けはされていますが、パルメザンチーズや胡椒などで洋食のテイス卜を高めるのもいいでしょう。

レシピをもっとくわしく

ぶり生ハム燻製風味のカルパッチョ2種類の胡椒の香り

海のハモン・セラーノを和と洋のスパイスでより香り高く見た目はまさに、スペインの生ハムそのまま旨がのった赤身の味わいは、高品質の豚肉に引けを取りません。
燻した香りを、より上品なものにしているのが九州特産の柚子胡椒とスパイシーな黒胡椒。
さらに、工クストラパージンオリーブオイルの芳醇な風味がそのすべてをまとめ上げています。シャキシャキの野菜をたっぶりとのせて味わうのがおすすめです。

レシピをもっとくわしく

ほや一夜漬と伊達の海水ジュレ柑橘風昧

お父さんが大好きな海の珍味が、見た目に涼やかなオードブルに大変身。
石巻・万石浦由来の潮の風味とライムのフレッシュな香りが漂うジュレの下には、独特のコクがある一夜漬けのホヤとなめらかな豆腐のムースが待ち受けています。
三層を静かにすくって、味わいのグラデーションを楽しんでみてください。ホヤが苦手な人でもおいしく食べられるー皿です。

レシピをもっとくわしく

copyright © 2017 ISHINOMAKI GENKI ICHIBA All Rights Reserved.