みなと石巻名物うにぎり海苔巻き天茶漬け

みなと石巻名物うにぎり海苔巻き天茶漬け

一口すすれば港町の風景がよみがえる至福の味

ウニ料理で知られる老舗「友福丸」の味を手軽に楽しめる“うにぎり“を使って、心がほっとする一杯を。
うにぎりの天ぷらは、出汁に軽くまぶして俵型をそのまま頬張るも良し、崩してサラサラと掻き込むも良し。
ぶぶあられ代わりの柿の種も、意外性があって楽しめます。
食べ進めるごとにウニの旨みや磯の風味が高まり、鼻に通る香りもおいしいお茶漬けです。

材料

(1人前)
うにぎり…1パック
梅干…1個
柿の種…1パック(小袋)
青ミツバ…1束(小束)
焼海苔…0.5枚
ワサビ…適量
サラダ油…1000cc
薄力粉…適量
本だし…適量
薄口醤油…適量
塩…適量
酒…適量
ティーパック煎茶…1パック

作り方

1.うにぎりを凍ったまま電子レンジで1分30秒加熱する。
2.焼き海苔を1/2枚用意し、海苔巻き寿司の要領でうにぎりを巻き上げる。
3.うにぎりを一口大に切り分け、薄力粉で打ち粉をしておく。180℃ぐらいのサラダ油でさっと揚げる。
4.うにぎり海苔巻き天麩羅を器に盛る。
5.梅干しの種在取り、包丁の刃で叩いた梅肉を盛る。
6.市販の柿の種(あられ)を散らす。
7.青ミツバの軸を刻んだもの、ワサビをのせる。
8.ティーパックの煎茶を入れ、お湯と本だしを加える。
9.お好みで塩・薄口醤油・酒を加えて味を調える。

※目安は、本だし1.000ccに対し、塩小さじ1.5、酒小さじ1.5、薄口醤油小さじ0.8
【料理時間:約130分】

レシピで使っている食材のお求めはこちら

copyright © 2017 ISHINOMAKI GENKI ICHIBA All Rights Reserved.