メロのクラッカー揚げたらこあん掛け

メロのクラッカー揚げたらこあん掛け

魚本来の旨みと淡やかな味わいに癒される一品

脂のりの良い白身の魚「メ口」の西京漬けに、一手間加えて食卓の華に。
砕いたクラッカーの衣は心地よい歯ざわりを生みだし、とろみをつけたダシの餡にからんでさらにおいしさアップ。
つぶつぶたらこの豊かな風味もほんのりと香ります。
魚自体「しっかりと昧が染みわたっているので、下ごしらえが不要なのが便利。酒の肴としても喜ばれる和の逸品です。

材料

(2人前)
奥の凪・メロ(西京本漬)…2袋 クラッカー… 60g
薄力粉… 60g
卵…1個
水… 60cc
サラダ油…適量

《たらこあん出汁》
つぶつぶたらこ… 20g
出汁… 240cc
薄口醤油… 10cc
みりん… 20cc
水溶き片栗粉…適量
水菜…適量(湯通しをしておく)
万能ネギ…適量

作り方

1.メ口に薄力粉・卵・水の衣を付けて、砕いたクラッカーをつけ170℃以下の油で揚げる。
2.出汁・薄口醤油・みりんを合わせ、とろみをつけて最後にたらこを入れる。
3.揚げたメ口に2を掛けて、万能ネギをのせる。
【料理時間:約30分】

レシピで使っている食材のお求めはこちら

copyright © 2017 ISHINOMAKI GENKI ICHIBA All Rights Reserved.