カートの中身を見る

洋食

牡蠣のクリームシチュー

普段ご自宅で使っているクリームシチューに牡蠣を入れると、牡蠣の下ゆでなど手間がかかって面倒ですよね。

「牡蠣の潮煮」を使えば、簡単に本格的な牡蠣シチューができます。

牡蠣の潮煮と小松菜の和風スパゲティ

三陸名産の牡蠣の旨みとともにダシの香りと味噌のコクをプラス
たっぷりと牡蠣の具がのった和風スパゲティはいかが。旨みを凝縮した牡蠣の潮煮に薄力粉をまぶし、オリーブオイルでこんがりとムニエルに。
表面を香ばしく仕上げ、牡蠣本来のおいしさを閉じ込めます。スパゲティの味の決め手は和風ダシ。
さらに、鰹節と高砂長寿味噌で作った「ひとつ」ふりかけをアクセントにすれば、より豊かな味わいを演出できます。

ぶり生ハム燻製風味のカルパッチョ2種類の胡椒の香り

海のハモン・セラーノを和と洋のスパイスでより香り高く見た目はまさに、スペインの生ハムそのまま旨がのった赤身の味わいは、高品質の豚肉に引けを取りません。
燻した香りを、より上品なものにしているのが九州特産の柚子胡椒とスパイシーな黒胡椒。
さらに、工クストラパージンオリーブオイルの芳醇な風味がそのすべてをまとめ上げています。シャキシャキの野菜をたっぶりとのせて味わうのがおすすめです。

海鮮ぶっかけ丼のタコと雑穀のサラダ

戸棚の奥に食べきれなかった雑穀があったら、ぜひ試して欲しいレシピ。
生バジルの清々しい香りは、三陸の海の幸と相性バッチリです。
雑穀がその豊かな旨みをすべて含み、歯ざわり良いライスサラダとして味わうことができます。
すでに、三陸ぶっかけ丼の具にしっかりと味付けはされていますが、パルメザンチーズや胡椒などで洋食のテイス卜を高めるのもいいでしょう。

ほや一夜漬と伊達の海水ジュレ柑橘風昧

お父さんが大好きな海の珍味が、見た目に涼やかなオードブルに大変身。
石巻・万石浦由来の潮の風味とライムのフレッシュな香りが漂うジュレの下には、独特のコクがある一夜漬けのホヤとなめらかな豆腐のムースが待ち受けています。
三層を静かにすくって、味わいのグラデーションを楽しんでみてください。ホヤが苦手な人でもおいしく食べられるー皿です。

copyright © 2017 ISHINOMAKI GENKI ICHIBA All Rights Reserved.